舞州 オートキャンプ場にゴールデンウィークに行ってきました

舞洲キャンプ場に行ってきました

久々に家族でキャンプに行ってきました。
ゴールデンウィークというのに、何も決まった予定を経てていなかった我が家ですが、天気が良いのと長男(小3)がキャンプに行きたいと急に言い出したのをきっかけに、当日近場の(車で1時間程度)キャンプ場を何件か電話をかけました。
が、さすがに晴天が続くゴールデンウィーク、なかなか空きが出るキャンプ場も見つからず、ふと何かで調べたことのある大阪此花区の舞州にあるオートキャンプ場に電話をしたら、空きがあるとのこと。

舞島スポーツアイランド アーバンオートビレッジオートキャンプ場
写真を見る限り、清潔そうだし、平面(2歳児連れには重要)なので、都会の中のキャンプもたまには良いよねということで行って来ました。

キャンプ場ではの雰囲気

キャンプ場の雰囲気は、まずはデイキャンプ(バーベキューをお昼に楽しんで、夕方帰っていくこと)の多さ!
大阪から車で20分程度で来れることからか、若い人たちのデイキャンプが多かったです。
家族連れももちろん多かったですが、大学生くらいの学生さんもとっても多く、広々した駐車場も結構いっぱいになっていました。

賑やかなキャンプ場だな〜と思っていたのもつかの間、夕方になると、テントで宿泊する人以外は帰るので、ちょうど良いくらいの人の多さに。

肝心のサイトは、芝生もまぁまぁで、サイトの広さも100平米と、車2台、テント2台置けそうな広さ。
しかし、スポーツアイランドとあって、隣にサッカー場、野球場があり、夜はサッカー場のライトが煌煌とキャンプ場を照らしてくれます。(笑。こうこうとって、煌煌とと書くんですね)

サッカー場のライトは、もしなかったらキャンプ場自体が真っ暗になる感じだったので、小さい子連れ的にはちょうど良い明るさになったので、実際にはそれほど気にならなかったです。

IMG_2408
IMG_2413
IMG_2399

トイレやシャワー、ローソンなど

埋め立て地ともいうこともあって、キャンプ場全体は平面で、広々していました。
シャワーが24時間使えるらしく、トイレと流し台は共用。スゴく綺麗というわけではないけれど、普通に掃除はされている感じでした。(デイキャンプの方の椅子やテーブルは消毒剤で1つ1つ丁寧に掃除されていました!)
また、サイトの近くのトイレには和式しかなく、和式が苦手な長男は洋式のトイレのために別のところまで少し歩いていきました。
24時間営業のローソンがキャンプ場を出てすぐにあったりして、安心してお手軽にキャンプという方にはとっても良い場所だと思います。   

最大の難点

で、ここまでは特にそんな不便を感じるキャンプ場では無いのですが、最大の難点は、「夜中の暴走族の走り回る音」でした。。
口コミでも見たことがあったのですが、まさかあれほどとは。。

もちろん近くの道路を走り回っているわけではないのですが、まあまあ近くの道路を爆音で走ってはりました。
ピークは夜中の12時と2時くらい。
今でも暴走族っているんだと、前住んでいた尼崎では時々走り去る音を聞きながら寝たこともあったのですが、ここ数年はそんな存在すらも忘れておりました。
最近の暴走族のBGMは、ユーロビートとか女性ボーカルものじゃなくて、結構シブイテクノ?だったりするのかと夜中に目覚めてそんなことを考えていました。
音で息子たちが起きるんじゃないかと冷や冷やしましたが大丈夫でした。遊び疲れた息子たちが眠れなかったら可愛そうすぎる(涙)。
いや、そもそも、暴走族たちもたった10数年前までは息子たちと同い年くらいの子たちもいるだろうから、一体何かそうさせたのかとかまで思いを巡らせたキャンプの夜でした。

夜はそんな感じでしたが、設備も整っているし、お昼のデイキャンプは大盛況でした。(フォローするわけじゃないですが…。暴走族の音はキャンプ場が悪いわけではない)

最後に。舞州といえば、このゴミ処理場

写真、車の中から適当に撮ったものしかありませんが。
IMG_2430
IMG_2439
いつも湾岸線から遠くに見えるこのメルヘンなゴミ処理場がこんな近くで見られて、テンションが上がりました。

詳細はこちらのサイトが詳しいので、リンクを貼っておきます。(このサイトめっちゃ面白い)
圧倒!フンデルトヴァッサー「舞洲ゴミ処理場」【大阪】


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。