ランサーズ、クラウドワークス等のクラウドソーシングのメリット、デメリット

クラウドソーシングで受注するのは止めたのはワケ

前の記事「気軽に在宅ワークができるサイトを集めてみた!」で、クラウドソーシング関連のお仕事を紹介しておいて何ですが、
現在は、クラウドワークスやランサーズに代表されるようなクラウドソーシングからのお仕事はお受けしていません。

単純に直受けの仕事や、代理店から直接頂く仕事が多くなったこともありますが、応募しようと思えばいつでもできます。
なぜそれをしなくなってしまったのでしょう。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、ネット上で仕事を応募したり受注できるというもの。
実際に会わずとも、ネット上で仕事を依頼/受注ができるので、日本のみならずネット環境が整っていればどこでも仕事をこなすことができます。
いわば、営業せずとも、気になった案件に応募するだけで、あとは他の仕事をしながら仕事が舞い込んで来るのを待つだけという何ともフリーランスには便利なサービスです。

ではなぜこんな便利なサービスを利用しなくなったのでしょうか。
まずは、クラウドソーシングのメリット、デメリットを記載してみます。

クラウドソーシングのメリット

仕事の応募/依頼がネット上でまとめてできるから超簡単

実際に足を運ばずとも、ネット上で複数の仕事に応募できるので、今月は時間に余裕がありそうだな〜という時に、応募し仕事を確保できたりします。
また、私はまだ利用したことはないですが、自身が忙しくて回らなくなりそうなとき、このサイトを通じて他のフリーランスに仕事を依頼できるのも大きなメリットです。

実績作りに最適

独立してすぐの頃は、実績も欲しかったこともあり、ちょうど勢いのあったこの2つサービスに登録し、募集中の仕事に応募して、実際にお仕事を受注させて頂いていました。

そのおかげで、その時のクライアント様からは継続的に今でもお仕事を頂いたり、他のお客様に紹介して頂けたりしているので、使って良かったなと思っています。

支払いの心配が無い

顔がお互い見えないので、一番の心配はお支払いですが、報酬については、受注が決定した時点でクラウドソーシングサービスに振り込まれて、納品完了とした時点で仕事の受注者にお金が移動する仕組みです。
万が一、支払いが無かったらどうしようという無用な心配をしなくても済みます。

クラウドソーシングのデメリット

相場が安い

仕事を依頼する側からすると、少しでも安い業者に頼みたいのもわかります。
でも、WEBの専門知識がある代理店ばかりではもちろん無いので、どこからどこまでを作るかという線引きが曖昧だったりします。
そうなると、はじめの予算とはまた違う話になったり…。

発注する側もお金がかかるわけではないので、とりあえず安めで出してみようという感じの案件も多く見受けられます。中には相場感があまりにもおかしい案件も。。。
でも、そういった案件にも(とりあえず)応募される方もいるんですよね。おそらくですがお互いが作業量がきちんと理解できていないのかもしれません。

いろんなクライアントがいる

中には、途中で連絡が取れなくなるクライアントもいました。
ただ、支払いについてはすでにシステム側に支払われているので、支払いで問題になることはそう無いと思います(作業内容が当初の依頼と変更が無ければ)。結局、数日してからこのクライアントからは連絡がありましたが(普段の業務が忙しく連絡が出来なかったとのことでした)。。

クライアントの中には、代理店の営業さんにも関わらず、デザイナーへの指示に慣れていない方も多いよう(WEB系の仕事はあまりやってない方かな?)で、かなりざっくりしたイメージで、ちょっとこれは大変になりそうだな。。という予感は結構当たります。

その時は、「こういった内容を、エンドユーザ様に質問していただき、その回答をもとに制作しますね」と気付けば、営業さんのお仕事をこちらが半分肩代わりしている時があったりします。
(そうすることで、後々仕事を直接頂けるようになることもあるのですが…)

応募者が多すぎる

1つの案件に、応募者が20人,30人というのはザラでその中から選ばれなければなりません。
細かなメールのやり取りや提案などこの時点で発生してくると、受注前でも時間が取られてしまいます。
これが一番のネックかな〜と思ったりします。

—-

とはいえ、クラウドソーシングは便利なもの。

今はうちではクラウドソーシングは使っていませんが、ネット上で全国から仕事を簡単に受注したり、発注できたりというのは、やはり便利です。

いろいろなクライアントが存在するということは、とても信頼のおけるクライアントもたくさんいるということです。

クラウドワークスで一番はじめにお世話になった会社は、今でも大切な取引先になっていますし、現役のプロのデザイナー、ディレクターが在中されているので、私としてもとても勉強になっています。

一方で、クラウドソーシングでは、安さだけを求めているクライアントが少なからずいるようです。

びっくりしたのが、誰でも知っているようなビッグネームの会社のサービスがこのクラウドソーシングで仕事を依頼していること。
もちろん、会社名は応募時点では伏せられているのですが、実際にプロジェクトが進むと、会社名やサービス名もわかるので、こんな企業がこんなところでフリーランスに依頼しているのか!(しかもかなりの低価格で)とびっくりすることがありました。

大手が、下請けに回して、その下請けが下請けに。。。
という感じなのでしょうか。
多分、「真ん中」はメール転送するだけで何もやってないのに、マージンが発生しているのでしょう。エンドユーザが一体いくら支払っているのかは知るよしもありません。

クラウドソーシングはとっても便利です。
WEB制作のみならず、ライターやイラスト制作なら、たくさん応募すれば実績がすぐに作れるかもしれません。

応募する人の作品、プロフィール等も見られる場合があるので、クライアントの要望にどう応えているのか、なども知ることもでき、とても勉強になります。
今では、クラウドソーシングを主な収入源にしたり、クラウドソーシングを取っ掛かりにして仕事を得ている人もめずらしくないかと思います。
WEBデザイナー、WEBプログラマ、ライター、イラスト制作等、フリーランスを目指したい方にはおすすめしたいと思います!


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。