宝塚の秘境?! 武田尾から廃線歩きに行ってきました

廃線歩き

11月6日の日曜日にJR武田尾駅から出発して、廃線歩きに行ってきました。
おそらく、我が家では今回で4回目くらいです。

「廃線歩き」ってなんぞや?
と思われるかもしれませんが、旧JR福知山線の武田尾廃線跡を歩くというもので、枕木が続く道をずっと歩いてトンネルや陸橋など楽しめる、ちょっと変わったハイキングコースになっています。
山の中の川沿いを歩く形になるので、景色も楽しめます。秋は紅葉、春は桜もたくさん咲く場所もあり、子連れからご年配の方までとても人気のハイキングコースです。

これまでは正式なハイキングコースとは認められていませんでしたが、今年2016年11月半ばから正式に一般開放されるとのこと。

参照:神戸新聞NEXT JR宝塚線廃線跡が一般開放へ ハイカーに人気

2016年11月6日時点では、まだ工事中?のようなところもありましたが、今まではなかった「ハイキングコースはこちら」といった看板を見ることができました。

全く紅葉してなかった。。

廃線歩き

私の住んでいるラビスタ宝塚の紅葉もかなり進んできたので、武田尾ももう紅葉が綺麗だろうと思い、家族と私の実母、実父も連れて6人で行ってきました。

…が、まだまだ紅葉しておらず、樹々は青々していました。。
さらに、お天気もずっとどんより曇りで冷たい風も吹き、めっちゃ寒かった。
結局、武田尾駅から出発して、「花の園」近くの「親水広場」まで行ってお弁当を食べて、そこで引き返したのでプチハイキングとなりました。

もう5年ほど前の話になりますが、たしか長男が3.4歳の頃にはじめて生瀬から武田尾までのコースにチャレンジしました。
全部歩けるか不安でしたが、枕木の上を電車ごっこしながら歩いたり、トンネルをライトを照らしたり探検家気分を味わえたりするので、楽しみながら最後まで歩けました。
全長8キロくらいだと思います。大人だったら2時間くらいのコースでしょうか。
それから、ほぼ毎年ここにハイキングに来ている我が家です。

紅葉の時期といい、正式な公開時期を知っていたら、11月半ば以降に行っていたのに…!
何事も下調べは必要ですね。。

次は、来年の春、桜の時期にリベンジしたいな〜。

一昨年行った時の紅葉の時期の写真

せっかくなので紅葉が綺麗な時期に行った一昨年の写真をアップ。
2014年11月の末に行った時のものです。
廃線歩き 紅葉

廃線歩き 紅葉

武田尾温泉の旅館は今は「あざれ」だけだそう

武田尾駅下車すぐの旅館やお店がきれいさっぱりなくなってしまっていて、びっくりしました。
台風の時に被害に合われ、閉店されたそうで、そこにあったマルキ旅館は118年の歴史をもつ旅館だったそうです。
3年後に再開予定だそうで、楽しみです。
118年の歴史を持つ武田尾温泉「マルキ旅館」が一時閉館へ(アイデアニュース)

今は武田尾温泉の旅館は、「武田尾温泉 紅葉館 別庭あざれ」だけだそうですが、こちらも行ってみたい。。
「全室離れ形式の12室」「お部屋には洋モダンリビングと半露天風呂を全室完備」だそうです。

なんとも高級感漂う感じ。。こんな近くで大自然の中、ゆったり非現実な日常を味わえそうな場所があるのも宝塚ならではかもしれません。


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。