【総務省ふるさとテレワーク推進事業】丹波のコワーキングスペースの完成イベントにちょこっとゲスト出演します

eye

直前の告知になりましたが、来たる4月24日(日)に、
【4/23 地域に人を呼ぶ仕掛け人達の話が聞ける!コワーキングスペース開設記念イベント@丹波市】
にシステムエンジニアの夫がほんのちょっとだけ、リモート(スカイプ)でゲスト出演します。

2016年の末に家族4人で兵庫県丹波市に1週間ほど「テレワーク移住体験」をさせていただきました。
移住体験の模様はこちらから:丹波の市報に取り上げて頂きました

丹波の方々、移住体験をサポートしていただいたホームワーカーズコミュニティ株式会社さまには大変お世話になり、貴重で忘れられない家族の思い出となっています。

移住体験した時、テレワークで利用させていただいた古民家「衣川邸」(超絶素敵にリノベーションされています)が、コワーキングスペースとして新たにオープンするそうです。
それを記念しオープンイベントが開催されるとのことで、リモート出演にはなりますが、丹波での移住体験のことや、丹波の良さをお伝えできたらと考えています。

出演者の「地域に人を呼ぶ仕掛け人」の方々は、丹波の移住体験でお世話になった方々ばかり!
【4/23 地域に人を呼ぶ仕掛け人達の話が聞ける!コワーキングスペース開設記念イベント@丹波市】

H28総務省ふるさとテレワーク推進事業の一環で兵庫県丹波市の古民家を改修したコワーキングスペースが完成しました。
それを記念し、同市と共同でイベントを開催します。
兵庫県丹波市は近年、活きの良い移住者が増えていると市内外から注目が集まりつつあり、視察も増えていると言われています。
地方にどうやって親和性の高い人材を集め、市民1人1人の活躍の場を提供していくのか、そんな地域の課題に取り組んでいる、さまざまな立場の「仕掛け人」がその秘訣を語ります。

<詳細・お申込み>
総務省H28ふるさとテレワーク推進事業
衣川會館コワーキングスペース完成記念イベント
5名の仕掛け人に聞く、地方に人が集まる仕組みづくり

<出演者>
・中川ミミ 丹波市地域おこし協力隊
・出町慎  佐治倶楽部 事務局/関西大学佐治スタジオ 研究員
・中原大輔 フリーランスプランナー/(一社)NOTE 地域プロデューサー
・花田匡平 農家民宿・シェアハウス”フラワーハウス”オーナー
・田窪亜矢 ホームワーカーズコミュニティ(株) 代表取締役
・永井敏夫 NEC関西支社 副支社長
・森下昭博 フリーランスシステムエンジニア(HWC会員)

最近、市街地だけでなく、地方のワーキングスペースが増加傾向があるようです。
山の中や海の近くでお仕事できるのって素敵ですよね。1週間くらい泊りがけで行きたいくらいです(笑)。

とくにWEB系のフリーランスにとっては、パソコンやインターネットさえあれば仕事は自宅でなくてもできるので、こういった環境はとっても魅力的だと思います。

新たにコワーキングスペースとしてオープンした“>衣川邸にまた遊びに(仕事しに)行きたいです。


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。