気軽に在宅ワークができるサイトを集めてみた!

ママ起業

会社員を辞めて家で仕事をしはじめてから、早いもので5年が経とうとしています。
主婦で家で仕事ができるのって本当にありがたいです。
仕事しながら、息抜きに家事ができるなんて本当に幸せだと思ったりします。

政府も、育児や介護で離職するのを防ぐために、「働き方革命」をうたい、在宅勤務を推進しているようです。
でも、実際には、在宅で仕事している人ってなかなか周りにいませんよね。

まだ私が会社員で長男が赤ちゃんだったころ、育児休業で毎月給付金がもらえるのはありがたかったけど、何か社会と接点を持ちたいと思っていました。
よく寝てくれる赤ちゃんだったので、意外に時間があって、この時間を有効的に何かに使いたい…!って思い、WEB系の資格を育児休業中に2つ取得することができたのですが、もし子供も見ながら空き時間に少しでも仕事が出来たらもっと良かっただろうなと思います。

余談ですが、前から思っていたことですが、育児休業給付金ってちょっと変な制度ですよね。
働いていないのに、復帰するまでの間(最長1年半)、毎月お給料の半分ももらえるのです。
育休前が月給20万だったら、毎月10万。それが1年半で一体いくら?ざっくり計算しても仕事してないのに150万円以上もらえます。
長男の頃、この制度を知ったとき、かなりビックリしました。
育児休業取らないで退職したり、そもそもパートだったりした人はこういうお金が一切もらえない。だから正社員に固執せざるを得なかったりするのですが、この身分の差って何…?って思っちゃいます。
またこれについてはいつか改めて語るとして・・・

ではでは、育児や家事、介護の合間に、ちょこっと仕事をできるサイトをご紹介します。

“手作り”が得意な方におすすめ【ココナラハンドメイド】

ハンドメイドが得意なママって憧れます。私には無縁ですが。。。
自分で作ったものを、今は簡単に日本中、世界中に気軽に販売できますね。

ココナラハンドメイドはこちら



私も使ってました【クラウドワークス】

お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破! 急成長中サービス…のようです。

実はフリーランスになりたての頃、結構使ってました!
(今は使っていません。使わなくなった理由をまた近々書きたいと思います。)

主にデザインやWordPress導入や、ちょっとしたシステムのカスタマイズなど。
ここで一番はじめは、いきなり数万円の仕事に応募するのが怖くて(笑)、学童保育や留学サイトの「キャッチコピー」を応募したっけ。
決まったら報酬1、2万円くらいだったと思うけど、結局応募した全員が不採用で、報酬金額を応募者何十人かで分けて、100円とか。。(笑)
でも、他の応募された方のキャッチコピーも見られて勉強になったり、、顔が見えない人とのやりとりでお仕事が成立しちゃう感覚がとっても新鮮でした。

在宅ワークからシステム開発まで!【クラウドワークス】



近々、「コーダー募集」をこちらで一度やってみたいと主人と話したりしています。

文字単価1円以上!高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

専属ライターになれば、今までの経験や知識を活かして、安定した報酬を得ることが期待できるようです。
ライターのアルバイトってびっくりするくらい安いと聞きますが(在宅の足下を見てる気がする)、専属ライターにまずなって、そこで実績を増やせば、プロのライターを目指せるかもしれません。
文章を書く技術って、このネット時代だからこそ、とても大切だなと身にしみます。

文字単価1円以上!高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】



ヒューマンアカデミーランゲージスクール 小中学生向け英語教室 フランチャイズ加盟教室募集

同じ在宅でも、これは家で英語教室をしようというもの。
ママの中には過去留学経験がある人って結構多いですよね。
それを使わない手はない!
小中学生向け英語塾のFC事業・ヒューマンアカデミーランゲージスクール



運転が好きな方におすすめ!タクシーなら東洋交通

在宅ではありませんが、、家でじっと仕事なんて向いてない!という方におすすめかもしれません。
車の運転が好きだったら、朝からお昼過ぎまでとか、時間の融通も利きそうでいいですよね!
未経験者限定!給料保障3ヶ月42万円!!今すぐクリック!!



東京・大阪の事務派遣(一般事務・秘書・経理)なら【マックス・キャリア】

やっぱり、前職の事務の経歴を活かしたいとなったら、まだまだ在宅よりも出社勤務なのかもしれません。
派遣なら、時間も融通利くし、有給も出るし!
私が派遣社員で働いていた頃は、残業代で稼げたので、残業が出ないそこの正社員さんより手取りが多い(らしい)こともありました。

オフィスワークを探すなら【マックス・キャリア】



在宅で仕事をしはじめたきっかけは些細な事。

長男が幼稚園入園と同時に会社員を辞めたので、子供が幼稚園に行っている間に、なおかつ、子供の行事とか病気とか気を遣わなくていい仕事を探していました。

その時に気軽な気持ちで応募したのが、ネットでの転職サイト。
運良くフリーランスのWEBデザイナーを探している企業を見つけ、在宅でもOKということで、そこからフリーランスでの仕事がはじまり。今に至ります。
まさか当時は夫婦で仕事するなんて思ってもなかったです。

今は、仕事探しといえばネット上でやりとりできるので、とりあえず応募するとか、会員登録するというのがとっても敷居が低くなったな〜と思います。
もし興味があれば、登録せずとも、いろいろなお仕事を上記のサイトから検索したり、ある程度の報酬金額等を知ることもできるので見てみるのも良いかと思います。


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。