日本に4店舗しかない、くら寿司の高級版、「無添蔵(むてんくら)」をご存知ですか?


100円の回転寿し「くら寿司」は誰もが知っていると思いますが、、全国で4店舗しかない(関西のみ)くら寿司の高級版、「無添蔵(むてんくら)」を知っている方は少ないのではないでしょうか。

私の父親(67歳)の誕生日で、外食をしようということになり、くら寿司の高級版「無添蔵(むてんくら)」に行ってきました。

「くつろぎ三昧」をキャッチコピーにしている、ちょっとだけリッチな回転寿し屋。

100円皿の他、220円、320円(全て税別金額)のお寿司があり、あとは揚げ物や麺類などサイドメニューが充実しています。

店内は、普通のくら寿司とは内装が全く違って、古民家風の内装で、間接照明がおしゃれで落ち着いた雰囲気です。

お皿や器にも気をつかっていて、くら寿司とは一線を画しています。

お寿司のネタも普通のくら寿司より美味しく、ボリュームがあるように思います。(値段相応ですね、でも100円皿も無添蔵の方が美味しく思えたのは気のせいかしら・・・)
揚げ物もリーズナブルでボリュームがあって揚げたてサクサク〜。

茶碗蒸しも220円で、蟹の身がコロッと入っていて、普通のくら寿司の茶碗蒸しが180円なのを考えると、たった40円プラスでこの茶碗蒸しなら、コストパフォーマンスめっちゃいいなーと。

うどん、ラーメンに至っては、400円とか500円程度にしては、手が込んでいる感じで麺も美味しかったです。ラーメン好きの息子は「めっちゃうまい!」と「イベリコとんこつ醤油らーめん」を食し、辛いものが好きなじいじは「濃厚担々麺」を頼みました。

肝心の写真は、子供見ながら食べながらでは全く取れず…。

下記ホームページの掲載されている各お店のメニューをご参照ください↓

お会計は、くら寿司より高く、大起水産よりは少し安いくらいでしょうか。

くら寿司と同じく、携帯・スマホから予約もできるので近くにあるという方、ぜひ行ってみてください。

高級版くら寿司、「無添蔵」の料理、内装写真はこちら

後日、また行ってきました。
無添蔵の料理、内装写真はこちらをご覧ください↓

くら寿司の高級版、「無添蔵(むてんくら)」のランチに行ってきた


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。