800年前に行われた赤ちゃんの人体実験に思う

eye

赤ちゃんに対するこんな実験をご存知ですか。

800年ほど前に、神聖ローマ帝国ホーエンシュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世が、行った50人余りの赤ちゃんにした残酷な人体実験。
それは、抱っこや目を合わせたり語りかけたりなど、一切のスキンシップを排除して育てるとどうなるかというもの。

“面倒をみる際、目を見てはいけない、笑いかけてもいけない、語りかけてもいけない、ふれあいを一切してはいけないと命じた。”

“乳母や看護師からは十分なミルクを与えられていたが、愛情を貰えなかった赤ちゃんたちは、全員死んでしまった。”

参照:恐ろしい実験…スキンシップが赤ちゃんにもたらす影響とは

十分な栄養さえ与えられていれば、なんとか体は育つのかと思ったのですが、全員死んでしまうなんて。

“これは、スキンシップが無かった事による成長ホルモンの障害だと考えられている。”

“泣くという行為は言葉の話せない子どもの唯一のコミュニケーション法であり、これを無視すると子どもの情緒に大きな影響を与える可能性がある。”

どうやら、スキンシップをすることで、成長ホルモンが分泌されて、赤ちゃんの免疫を高めたり、抵抗力まで強くするそう。
子供との触れ合いが大事ということが、科学的にも証明されていることを知って、それにも驚きました。

この話を知った時、何もわからないまま実験台にされ、生まれてから愛情を全く知らずに死んでしまった赤ちゃんのことを思うと、胸が苦しくなりました。
そして、うちの1歳と7歳の息子におもいっきりスキンシップしようと改めて思いました。(7歳の子はちょっと嫌がるけど・・・ほんまは嬉しいクセに)

スキンシップの大切さ。赤ちゃんだけでなくて大人にも言えるよね。
人と関わったり、話したりすることで、ちょっとした時間でも気が晴れたりすることってある。

人と全く関わらずに生活すると、どんどん心身ともに病んでしまうというのも、きっと科学的に証明されてるんだろうな。
よく、ママがパパや周りの協力も得られず、育児ノイローゼになったり、そこまでいかなくても、子供は可愛いのに何だかモヤモヤしてしまうっていう人も、他人と関わることが少なくなっているのが理由の一つじゃないだろうか。

 

 

話は脱線するけれど、少しでも在宅で仕事できるって、とっても有意義なことだとなー思いました。

長い期間の育児休業より、超短時間の勤務や自宅での職場復帰(リモートワークとか言うらしい)をもっとしやすい環境になった方が、ママも子供もはたまた日本の社会にもいいんじゃないかな〜と私は思います。

 


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。