夫婦で自宅で開業した我が家の一日のスケジュールを公開

eye (1)

ノマドワークとか、時間や場所にとらわれない働き方とか、企業もテレワーク推進だ!
とか、従来の会社に行って働くというスタイルとは違った働き方をする人が、どんどん増えているように思います。

WEB業界だけでなく、普通の一般事務の人や、はたまた営業の人も、今後数年でこういった働き方をする人は爆発的に増えるんじゃないでしょうか。

会社に行ってもパソコンに向かう時間が多かったり、人と話すことが多い職種は特にこれから在宅勤務が増えると思う。
人と話すのも、説明するのも、電話とかスカイプやらのテレビ電話で、どこでもできる。
最近では、ママの友達も面接がスカイプでしたとか聞くこともあったり。在宅勤務のママも増えてるようだし。

将来、会議のためだけに出張とか、昇進のための単身赴任とか、そのうち過去のものになるんじゃないだろうか。

で、まだマイナーであろう、夫婦揃って、独立してしまった我が家のおおまかな一日のスケジュール。

7:00  起床&朝ご飯
7:30  長男学校に行く
9:00  次男保育園に行く

10:00  私&旦那、仕事開始
    (私、掃除家事しつつ)
12:00  昼ごはん(主に旦那作)
13:00  仕事開始
15:00  休憩(オヤツ)タイム
    (私、晩御飯下ごしらえ時々)

16:30  次男お迎え
17:00  長男帰宅

18:30  晩御飯家族で食べる
19:00  お風呂順番に入る

20:00  晩御飯片付けや、テレビなど

21:30  長男次男就寝

22:00  洗濯(主に旦那)
22:00以降〜  昼の残りの仕事や急ぎ対応があれば

これに、時々宝塚近辺のお客様と打ち合わせが入ったりしますが、今のところ週に1.2回ほど。
クライアントさまが都内や遠方の場合も多いので、電話とメールで事足ります。

そのうち、コワーキングスペースなど利用して、横のつながりも広げたいと思いつつ、今のところ、なかなかその時間が取れず。。
——

ママの在宅の最大のメリットは、仕事の合間に家事が出来ること。
パパのメリットは、子供との時間をたくさん取れること。

これに尽きると思います。

子供のメリットは、やはりパパ含む家族との時間が取れること。
行事を優先できる。子供が体調を崩しても、仕事の締め切りさえ守れば、余裕を持って親が接する事ができる。

旦那が会社員のころは、まだ幼稚園の長男がLINEで『ダッシュで帰って来て』と毎晩のように旦那に送っていたっけな。

家で夫婦で仕事をするようになって、一年余り。
それが当たり前になってきて、なんなら「会社行ったら仕事だけしてたらいいやん。家事せんでいいよな〜」と、よくわからない考えがよぎり、それ、違うから!外で働いても家帰ったら、誰かが家事を終わらせる必要があるのを忘れそうになっていたり…。

時々、旦那との家事分担でムキーってなったりもするけど、「いつか、駅を使わない生活にしたい」と思って住み始めた今の家。
それが叶っていることを忘れないように、一日を大切にしよう〜。


スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。