どうやってフリーランスになった?大手ITエージェント【レバテック】にモリコログを紹介していただきました


こんな好き勝手に書いているブログをITに特化した大手エージェントさまのサイトでご紹介いただけるなんて嬉しいです。

【レバテック】どうやって決断した?フリーランスになった経緯まとめ
3番目にご紹介いただきました。

下記、一部を抜粋。

『モリコログ』は、フリーランスのWebデザイナーであり、また、二児のママでもある管理人さんが更新しているブログです。
元々は、会社勤めをしていた管理人さんですが、東日本大震災をきっかけに独立を決めます。
そして、管理人さんが独立してから2年後、なんと今度はご主人も独立されたというから驚きです。

二人してフリーランサーとなった管理人さんご夫婦。
今後の生活への不安はなかったのでしょうか?
また、仕事はどのようにして獲得しているのでしょう?
そんな気になる点について詳しく書いてあるのが、《会社員たっだ夫婦がフリーランスで独立するまでの経緯をお伝えします》の記事です。

—–

レバテックは、フリーランスのエンジニア、クリエイターへの仕事の紹介、また正社員のIT技術者に特化した転職サイトです。
こういったITに特化したエージェントが最近多いですね。

レバテックフリーランス

フリーランスの場合は、週2.3日〜のお仕事もあるようなので、これから独立しようと考えられている方は、試しに登録してみるのも良いかと思います。
クラウドワークスのような案件ごとの仕事ではなくて、長期的な契約が多いようなので、収入の安定も見込めるし、横のつながりも出来そうです。
うたい文句?が、週2,3日で50万円。。。
プログラム言語や案件によって、また東京価格だと決して嘘ではない金額だと思います。

最近IT系の方がフリーランスになる方が多いのも、営業をしなくても仕事が取れる環境が整いつつあるからだろうなと思います。
また、IT、Web業界では依然として人手不足、売り手市場と言われていて、フリーランスでも正社員でも自分の得意分野があれば、仕事が無いということは無さそうです。
こういったエージェントを使うとお金の交渉とかやってくれるのでそこが一番ありがたいですね。

「だれでもできる仕事」が無くなりつつある時代、専門性のない人はどう身を守ればよいのかを考察してみる

私や主人が独立した頃(まだたった3.4年前ですが)はまだこういったIT系のフリーランスのための求人サイトというのはほどんど無く、もし独立当時にこういうサイトがあったなら、登録してただろうな〜。
あと数年経ったら、もっとこういう流れは加速して、案件ごとに「個人」がチームを組んで仕事をこなすというやり方が、IT系だけじゃなくて他の分野の仕事でも確立していくのだと思う。

これからフリーランスになろうという方、フリーランスになったけどまだまだ安定した収入が見込めそうないという方は登録しておいても損は無いかと思います。
レバテックフリーランス




スポンサーリンク

フォローしてくれたら嬉しいです。