【うずの丘レストラン】うにしゃぶ、生しらす丼、淡路牛。淡路島で食べたいもの全部食べられる!混み具合は?

eye

スポンサーリンク

【格安リゾートマンションを7泊8日でレンタルした】家族で夏の旅 in 淡路島

せっかくなので、淡路島滞在中「the 観光地」みたいなところも行っておきたいと思って、行って来ました。

うずの丘大鳴門橋記念館の中に、うずの丘レストランはあります。
カーナビでは「うずの丘大鳴門橋記念館」で行けました。

うずの丘レストラン、一番人気の「うにしゃぶ」もいただきました

ホームページを見たときは、メニューがコース料理っぽいものが多く、気楽に子どもも食べられるものがあるかな?と思いましたが、実際のメニューを見るとお子様ランチなど、いろいろありました。
こういうのホームページの載せて欲しいな〜

うずの丘レストラン入り口

うずの丘レストラン入り口

「うずの丘大鳴門橋記念館」入り口はシンプルですが、中は結構広いです。100人以上は入れる感じで、団体客様の席も用意されていました。

海鮮うにしゃぶ ¥3,800(税別)

海鮮うにしゃぶ

海鮮うにしゃぶ

テレビで何度も紹介されている淡路島の名物にもなっている「うにしゃぶ」。

鯛とさわら?の切り身を、うにのお出汁にたっぷりつけていただきました。
美味しかったですよ〜

最後はご飯を入れて、うに雑炊

最後はご飯を入れて、うに雑炊

淡路島の生しらす味めぐり丼 ¥1,000(税別)

生しらす丼を食べたことがなかったので、この機会に食べたいと思っていました。
夫曰く、実家(大阪の南の方)でも食べられる、と言ってましたが、いやいや気分的に淡路島で食べたいねん!

生しらす丼

生しらす丼

最後は出汁をかけてお茶漬けに

最後は出汁をかけてお茶漬けに

想像した感じのお味で(笑)、美味しかったです。
臭みとはは全く無かったです。お茶漬けにしたら、3歳の息子も美味しい美味しいと食べていました。

淡路牛の赤トロ丼 ¥1,600(税別)

淡路牛の赤トロ丼

淡路牛の赤トロ丼

お肉にも味がしっかりついていました

お肉にも味がしっかりついていました

うずの丘レストラン込み具合は?

こんな看板も

こんな看板も

お料理のご用意までが30分〜60分以上、お待ちいただく場合がございます

私たちが行ったのは、土曜日の午前11時ごろでしたが、まだ席に空きはありました。
お店の中には、すでにお客さんが1/3ほどいましたが、絶景が楽しめる窓側の席が埋まっていたので、窓際の席が空くまで待っていました。
事前に電話したのですが、個人での予約はできないとのことでした。

座席から絶景。
写真を撮ったときは微妙な天気でしたが。。。

微妙な天気でしたが肉眼では十分鳴門大橋が見えます

微妙な天気でしたが肉眼では十分鳴門大橋が見えます

スポンサーリンク

うずの丘大鳴門橋記念館

外観

うずの丘大鳴門橋記念館

うずの丘大鳴門橋記念館

お土産買うならオススメ

お土産の種類や試食も多く、おしゃれなものもたくさんあったので、お土産を買うのにぴったりですた。
入ってすぐはこんな感じ。

渦潮をモチーフな天井

渦潮をモチーフな天井

直球やな。。

直球やな。。

全国バーガーグランプリ1位と2位のあわじ島バーガーもある!

お腹いっぱいになった後でしたが、せっかくなので1つ買ってみました。

あわじバーガーのあるオニオンキッチン

あわじバーガーのあるオニオンキッチン


スタッフさんの笑顔や丁寧な対応がとっても印象的でした。
旅先でこういう対応を受けたらなおさら嬉しいですよね。

【全国1位】 あわじ島オニオンビーフバーガー

【全国1位】 あわじ島オニオンビーフバーガー 600円


おなかいっぱい食べた後ですが、美味しかった!

分厚い玉ねぎの輪切りがフライされて入っていて、玉ねぎの甘みを感じることができました。
牛肉は淡路牛を甘辛く炊いた細切れが入っていて、これまた美味しかったです。

ソフトクリームも食べました

ソフトクリームが大好き


あっさりして美味しかったです。(味は普通の「ミルクソフト」を頼みましたが、「玉ねぎソフト」も気になりました)
溶けやすいので注意。

うずの丘レストラン まとめ

次回、また南淡路に観光で来たときは、他にも試したいメニューもあるし必ず行きたい場所です。

うずしおクルーズの後に来ても良さそうですね!
ただ土日祝日は、混むので11時ごろか、晩御飯どきになる前に来た方が良さそうです。

【うずしおクルーズ】(南あわじ市福良)に行ってきた。じゃらんで予約すると割引クーポンを使える!

—–
 

今回1週間淡路島に滞在して思ったのは、本当に見所が多い島ということ。
1度は是非行ってみて欲しいです♪

レンタルリゾート@淡路島の旅行記事


スポンサーリンク

気軽にフォローしてください♪